娘 梓へ

  • 2018.09.01 Saturday
  • 10:20

娘 梓が、株式会社くわこや パルファンさんの入社式に贈った手紙です。

 

娘 梓へ

 

あなたが私達のもとに来てくれてから早いもので22年いや23年にすぐになります。体力が強いとはいえないお母さんだったので早いときから実家の高知に帰り、なるべく長い間お腹の中で育てる為に入院をしながら過ごしました。生まれてきたあなたは笑顔のかわいい女の子でした。伊藤のおじいちゃんは女の子がいなかったので本当に喜んだ事を覚えています。よく寝てよく笑いすくすくと育っていきました。

 

生まれた翌年(1995年)大阪でもすごい揺れを感じた阪神淡路大震災が起こりました。幸いにして住んでいたところは被害も少なく恐怖を感じることはありませんでしたが、亡くなったわが子を思い号泣されている両親を報道で見ると、もしわが子がそうであったらと心に深い悲しみを感じずにはいられませんでした。

 

4歳の2月、風邪を引いたので近くの小児科に通っていました。よく食べるけど症状が良くならないので知り合いにお願いして大きな病院に通う事を相談し症状を伝えると「すぐにつれて来い」と言われ連れて行ったら、即入院そしてお医者さんからは「今日が山です」と崖から落とされるような言葉が出ました。夫婦二人で寝ずにあなたの横でいろんな話をしました。なにがあっても「ありがとう」って思った最初でした。(たぶんあなたは記憶にないでしょうけど)

 

おにいちゃんがサッカー少年団に無理やりパパの命令で練習していたときに、幼稚園のあなたは一緒についてきて早く練習をしたいと、初めてユニフォームを借りて幼稚園の子供同士でサッカーを始めましたが、運悪く相手の蹴ったボールが顔面を直撃すると、泣く崩れ二度とサッカーをする事はなかったですね。走る事も早く活発に小学校を過ごし、パパの影響でゴルフを始めたことを覚えていますか?小学校3年生ぐらいからパパと二人で練習に行ったり、宮里兄弟のレッスン・古閑美保プロのレッスンに東京まで夜行バスで行ったりもしましたね。5年生になるとおばあちゃんと一緒にラウンドしたり、パパのホームコースでラウンドしたりと楽しかったですね。

 

5年生になる春休みにパパとおばあちゃんとラウンドの相談をしている時に、おじいちゃんがどうしても次は一緒に行きたいとおじいちゃんのスケジュールに合わせてラウンドしました。このラウンドが終わった次の日にいつもの入院といって入院し、病室でお別れしました。おじいちゃんは大好きなゴルフの最後のパートナーがあなたであって本当に嬉しかったと思います。覚えてるでしょ、しんどくてハーフが終わったときに「クラブハウスで休んでいる」といったけど運転だけでもして一緒に回ろうとしたおじいちゃんをね。

 

そして、私立中学の受験。おにいちゃんと違って勉強が苦手なあなたに少しでも楽しい学生生活を送ってほしくて勉強をしてもらいました。ママが色々調べてあなたに合った帝塚山学院中学校に無事に合格してくれました。合格してからまたゴルフを始め、中学生の大会になんとか出場するくらいの力をつけ、大阪府の大会(高槻カントリー)に出しましたね。体よりも大きく感じるキャディバッグを担いで18ホールを回り終えて帰って来た時は涙で前が見えないくらい嬉しかった事を覚えています。

そして翌年からは関西ゴルフ連盟の試合や高知のおじいちゃんおばあちゃんに会うことも目的に高知黒潮カントリーの試合にも行きました。帰りの車で喧嘩しながら帰ってきたこともありましたね。このときの参加賞のプレートは今でもパパの宝物ですよ。

 

高校生になり自我が芽生え恋もしたのかな?? 高校2年、成績があまり冴えなかった時に自分から塾に行きたいと言い出して、自分なりの目標を立ててくれたのが嬉しかったです。自分の今を省みる事とそれを変化させることが出来た事で近畿大学というゴールが出来たと思います。パパはママに笑われながらも6年間あなたを家から学校まで送り続けました。いまでも良かったと思うことはその1時間余りしゃべる事はなかったかも知れないけれど、親としてあなたに伝えた事を少し話してこれたように思うことです。

 

大学生活は、今までと違い放任的にしてきたと思います。大学祭を中心にするようなある意味ボランティア的な団体で4年間を一生懸命に過ごしていました。最後には会計責任者という役職を全うし学生生活を終えました。あなたが私にくれた最初の名刺は会計責任者の名刺。これも宝箱に入っています。

 

いよいよ社会に出る時間が迫ってきたときに、パパはパルファンというお店を紹介しました。パパがパルファンさんと知り合ったのは10年以上前でしょうか・・先代の社長さんが中心で勉強会をされるときにお誘いいただいて参加しました。厳しい中にもすごくやさしさを持ったお父さんであったと感じました。それ以来、何度も新店舗が出来るたびに訪問しましたが、その時必ずお母様にお会いする事ができ、心温まる言葉にいつも励まされていました。お母さんにこの確率でお会いできるのは何か大きな縁があるのかなと考えたのもこの頃で、2年前にナゴヤドームに野村社長会うときもたまたまお母様がチームミーティングでいらっしゃり自分の今の気持ちを底から話ができ私なりの結論を持ちました。後はあなたがどう考えるかと思い一緒に数件を見学に回りましたね。「何か買ってきていい」楽しそうに店舗に消えていくあなたをみてパパの気持ちを理解してくれたと確信しました。パルファンイズムを感じれる感性を持って育ってくれて本当にありがとう。

 

内定を頂いて、大阪と名古屋を往復する事が多くなりましたが、すぐに仲間を見つけて楽しくしているあなたを安心してみています。転居先が決まり段々と家からいなくなっていく雰囲気が充満しています。ハムスターを飼う事になったのもそのせいかな?? そんな中ママと買い物に行く機会が増えてママが一番喜んでいるのではないでしょうか。

これからの生活は自分を磨き、心を磨き、縁を磨く時だと思います。自分が変化しないと目の前の事は変化しません。大きな人生の転機こそ自分を変化させる一番の機会だと思って頑張ってくださいね。パパとママはどんな事があってもあなたの応援団長ですからね。

 

最後に

 

少女よ 大志を抱け

お金のためではなく 私欲のためでもなく   

名声という空虚な志のためでもなく

人はいかにあるべきか  その道を全うするために

大志を抱け

 

そしてパパは続けます。

 

Girls Be Ambitious!

like this old man

 

少女よ 大志を抱け

この老いぼれのように

 

 

追伸

このような機会をつくっていただきました株式会社くわこや 野村社長をはじめ社員の皆様、そして関係者皆様に心からお礼を申し上げます。大学を卒業できたとはいえまだまだ未熟者でございます。何卒深いご自愛と寛容な心で成長を導きいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

しあわせ通心 9月号

  • 2018.09.01 Saturday
  • 10:01


 

残暑お見舞い!

今年の夏は異常に暑かったですね!

特に7月の下旬から8月初めにかけては各地で40度を超える日が続き、西日本豪雨被害にあわれた所では大変な思いをさせたことと思います。

私が所属しているライオンズクラブが8月5〜6日にかけて岡山県真備町にボランティアに行くということで同行出来ない辛さからマスクやウェットティッシュ、コットンなど店頭にある多くの商品を一緒に持っていっていただきました。


 

8月末の土日には学生を中心としたレオクラブのメンバーがボランティアに行ってくれます。若い学生たちの気持ちは必ず被災者の方々の心に繋がると思います。

被災者とボランティアの方々にエールを送りたいと思います。

 

人はどう生きるべきなのか?

私の好きな言葉ですが、娘の入社式に贈った手紙から抜粋します。

   少女よ 大志を抱け

               お金のためではなく 

               私欲のためでもなく    

               名声という空虚な志のためでもなく

                                  人はいかにあるべきか  

                                        その道を全うするために

                   大志を抱け

 

そしてパパは続けます。

               Girls Be Ambitious!

                                 like this old man!

                (少女よ 大志を抱け

                                           この老いぼれのように)

 

チョット恥かしいですが、娘への手紙をブログにアップしましたので、一度覗いてみてください。

http://kamojiya.jugem.jp/

ヨッシーの楽園で検索いただくと出ます。

 

2歳の子供が3日間も行方不明になった事件がありました。子供を発見したのは大分から駆け付けたボランティアの方でした。今まで見識をもとに見事に子供を親御さんのもとに届けていただきました。65歳まで鮮魚店をされた後に人の為に生きたいと思い東北の地震など被災地に必ず赴き活動をされていました。見返りのないひたむきな思いには本当に頭が下がります。自分ができるかといえば自信がありません。ただこんな方を応援できることだけは必ずしていきたいと思いますし、努力はしたいと思います。何らかの形で人様に貢献できることをしたいですね。

今回の尾畠さんを見ていて子供のころに見た「デルス・ウザーラ」という映画の主人公を思い出しました。今の子供たちにもぜひ見てもらいたい映画だと思います。

しあわせ通心 7月号

  • 2018.07.01 Sunday
  • 09:41

梅雨入り

ジメ〜〜じめ〜〜とした空気が漂ってます。お店は空調があるのでいいのですが、事務所は広いわりにクーラーが小さめなので扇風機の方が効率的に効いてくれます。この時期のゴルフは晴れ男か雨男かを判断するには絶好の季節ですが、今年は晴れ男みたいです。数年前に八尾河内音頭まつりの実行委員長で雨で中止になったときは私一人が雨男にされましたが・・・・

今年も八尾河内音頭まつりは9月9日(日)に行われます。梅雨が終わって早く夏が来たらいいのにな〜〜〜

 

 

八尾の枝豆

毎年6月の初旬に恩智に住んでる先輩から季節の便りで「八尾のえだまめ」を贈っていただきます。二人の生活になった我家では食べきれないので母にもおすそ分けしてとりますが・・・

ふと、今年「八尾のえだまめ」って肉厚があってプリプリの食感で甘いんだ〜〜〜って思いました。居酒屋で最初によくえだまめを食べますが近くにこんなに美味しい物があったなんて・・・・八尾にも美味しい物があるんだと実感し、お世話になっている方に美味しいのおすそ分けをしてみました。贈った方からも絶賛のお礼の言葉をいただきました。

近いとその良さを感じないのは食べ物も人の関係も一緒ですね。と思いながら家族やお店のスタッフに感謝をしております。

そして使っていただいている化粧品もそうだと感じました。毎日使っていると良さがわかりにくくなりますが、肌の中でキチンと仕事しています。化粧水と美容液(乳液)はまさに「八尾のえだまめ」です。これからも良さを感じて使ってくださいね。

 

「無理矢理サンプル」あげます。

7月15日までかもじや合同企画として「無理矢理サンプル」を実施します。お買い上げいただかなくて大丈夫!このチラシを店頭に持ってきてください。無理矢理サンプルを受け取っていただきます。ただ、渡すスタッフが感じるブランド、アイテムになる事だけはご了承下さい。

夏を迎える前に必要なアイテムがあると思います。くれぐれも弱そうなスタッフを選んでごり押しのないようにお願いします。

いつもご愛顧ありがとうございます。

しあわせ通心 4月号

  • 2018.04.01 Sunday
  • 15:46

 

冬着たりなば春遠からじ

寒い季節をじっと耐えて、暖かい季節がやってきました。土の中から虫や新しい芽が顔を出してきました。今年の冬は降雪の多い年でした。雪の被害も多く起こってしまいました。さあ、これからみんなで春を楽しみましょう。

 

しあわせ通心

リノアス店が八尾西武の跡にオープンし、11月に私達のかもじやも出店しました。新しくコーセー(プレディア)を始め3店舗全店で扱うようになったオパール&アクセーヌ。新しい出会いが多くできました。このしあわせ通心もそんな新しい方にも読んで頂いていると思います。このお手紙は2004年6月に作ってから14年間毎月届けてきました。

私達の仕事は、表面上は皆様の肌をキレイにしたりメイクを上手くなってもらうためのレッスンをする事ですが、本当の美しさとはそこなんでしょうか??

美しく 美しく より美しく」これは私の母が色紙に常に書いていた言葉です。「心身ともに健康で、働く喜びを実感し、地域社会に貢献しみんなが幸せを実感する社会を実現したい。」これが私達の理念あります。通心のロゴの下の言葉には、お客様に美しさや楽しさを提案し、心まで健康になってもらえる仕事をする事で共に幸せを実感したいという気持ちが込められています。

カバーメイクという商品があります。肌のトラブルがひどい方や外的な要因でトラブルが続いている方はその障害のせいで外に出ることが遠のいたり、気持ちがふさぎ込んだりされる方が多くいらっしゃいます。メイクをレッスンし活用してもらう事で、心から明るくなってもらえる事を実感しました。大きなことはできないですが小さなことをコツコツと積み重ねっていきたいと思いますのでこれからも一緒にキレイを探していきたいと思います。

 

3.11

東日本大震災から7年が過ぎました。地震だけでなく津波が多くの人命を奪っていきました。1995年の阪神淡路大震災を経験している私達にとって被災者の皆様の気持ちは人事に思えない状況でした。現在の東北地方の現状は私達の所とは違い復旧の速度が遅れているように感じてしまいます。ライオンズクラブという奉仕団体に所属させていただき東北に向けた活動や募金もしてきましたが本当に被災者の方に届いているのかが今も疑問です。そんな中、地震の直後に東北から横浜に拠点を移し練習をし2大会連続の金メダルを獲得した羽生選手がその時の苦悩を語っていました。自分だけ逃げていると感じたそうです。しかし金メダルで多くの方に勇気を与える事を確信したメダルの獲得で心から救われたと思います。来年退位をされる陛下の変わらぬ気持ちの写真を見ていただきこれからも応援していきたいと思います。

 

しあわせ通心 3月号

  • 2018.03.09 Friday
  • 15:22

大 寒 波

今年の寒波は凄いですね。特に雪が凄かったです!!雪にあまり縁がない東京にも積雪があり、道路は(高速道路の含め)立ち往生の車で渋滞になってました。雪を意識する事が少ない都会では冬用タイヤを持っている人が少なく、天気予報を見てから買いに行きますがその時はすでに売り切れになっています。ここで車の利用をやめておけば言いのですが大丈夫だろうという安易な気持ちで出て行き動かなくなります。

福井と石川の間で起こった12キロぐらいにも及ぶ雪の中での立ち往生はこれとは違い豪雪の強さをまざまざと私達に見せてきました。そんな中で困っているトラックの運転手の方にトイレの提供や食事の提供をされている報道をみて、日本人ってやっぱり優しいな〜〜〜って思っています。東京オリンピック誘致の時のあの言葉「おもてなし」を思い出しますね〜〜〜。

 

 

 

子供達が小さい頃には私も冬用タイヤをはいてスキー場に行ってました。岐阜のひるがの高原に行った時はスキーだけでなく木曽馬の乗馬をしたり、かまくらに入ったりと雪を楽しめました。そんな懐かしい写真です。楽しかったです。

雪の影響は他にも出ています。私のゴルフが2月は0回だった事です。毎年こんな寒い2月ですが数回はお誘いがあるのですが今年はお誘いも少なく、行くつもりでいても雪でゴルフ場が覆われてできないという状態でした。おかげで体重が4キロ増えて糖尿病の数値が危険ゾーンに達してしまいました。それからは暖かいスポーツクラブに場所を移して脂肪燃焼に取り組み2キロほど回復してきました。ここからさらに絞ってもとの体重に戻したいと思います。

節 分 祭

今年も八尾天満宮の追難式保存会の皆様のご協力でかもじやの3店舗に鬼追い神や赤、黒、青鬼そして福娘の皆様が来てくれました。リノアス店の前での迫力のある演技は本番さながらの迫力でした。

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM